2012年10月16日

苔のある路……『魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』(宮野由梨香)

「100人のうち、16人が女の人。そのうちの4人が子ども」
 開場前の行列の前後を数えて姉娘が言った。
「わたしたちがいなかったら、13人が女で、子どもは2人だよ。男の子がいないなぁ。あと『おかあさん』もいない。あの子もあの子もお父さんと一緒だ」

         〇

 まどかの母親の名は「詢子」である。
 彼女は言(=ロゴス)に殉じた人である。
 ロゴスとは、理性のことでもある。彼女にはまどかを引き留めることはできない。
 その結果、彼女は娘を失う。自業自得とあえて言おう。


         〇

 これは[前篇]を見た時から気になっていたのだが、今日、[後編]を見て改めて確認した。
 DVD版の見滝原市と、映画版の見滝原市は、明らかに違う土地だ。
 その違いは、まどか達の通学路を見れば明らかである。映画版では、路に苔がある! DVD版にはない。路にはブロックタイルが敷かれていて、雑草も生えないという感じなのだ。だから、DVD版での見滝原市は、いかにも「歴史のない土地」という感じがする。
 映画版では苔があるばかりか、樹齢が数百年ありそうな樹も描かれていた。
 また、上条くんの家は、DVDでは単なる「お金持ちの家」ふうであったが、映画版では「旧家」のたたずまいを見せていた。
 こういった改変が作品にもたらす意味は大きい。作品の問題提起が単なる「新興の土地」の問題に留まらないことを示している。
 だからこそ、[後編]に新たに付け加えられた「墓場」と「歩むほむらと木々のシルエット」の持つ意味は大きいのであるし、それは[前編]のラストに付け加えられた画像とも、つながりを持つ。

         〇

 娘に「『まど☆マギ』について本を書いて」と言われて、DVD版をもとにこんなふうな構成表を書いてみたことがある。

構成 (各章10〜13枚)(全体で230枚くらい)
はじめに
目次
序(オープニング)壊れた世界
        とっくに世界は壊れている
第一章 目玉焼きとは固焼きですか? それとも半熟ですか?
        それは、食べ物に失礼です
第二章 そのテがあったか!
        社長の椅子も、単なる手段
第三章 女の子をせかす男子は嫌われるゾ
        魔法少女になるって、つまりは…
間奏曲(また、あした)近くて遠い
        言葉なんて、しょせん通じないし
第四章 生きている身体なんて邪魔なだけですわ
        血のぬめりって、汚いよね。
第五章 奇跡だよね、これ。
        ぼうやは呑気でいいよね。
第六章 ゾンビにされたようなもんじゃないか!
        生きながら死んでいる身体になるということ。
第七章 その気になれば痛みなんか完全に消しちゃえるんだ
        自分の痛みがわからない人。
第八章 捨てる時が、ホント、ウザいっすよね。
        使い捨ての論理に陥るあなたこそが、既にゾンビです。
第九章 あんまりだよ。酷すぎるよ!
         私が気がつかなかっただけで、世界って、とっくにそうだったみたい。 
間奏曲(and I’m home)ひとりきりで泣く後ろ姿
         だから、野良猫を助けてしまうの。
第十章 君の祈りはエントロピーを凌駕した!
         そう、生きるとはそういうことだから。
第十一章 お願いだから、あなたを私に守らせて!
         男に言われたら、ウザいセリフでも…
第十二章 まどかっ、まどかぁ
         まどかに「歳の離れた弟」がいる理由
結び(エンディング)命をつくるのは「願い」
あとがき


 こんな感じであった。
 今は、これよりも、もう少し踏み込めそうな気がしている。
 新たに構想をたてなおして書いてみたいと思う。
 年内には仕上げたいな。

                           (宮野由梨香)


posted by 21世紀、SF評論 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SF評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。