2013年08月28日

「初音ミク」(高槻真樹)

《プログラムブック版「北海道SF大全」再掲にあたって》
 日本SF評論賞受賞者有志は、去る2012年7月7日〜8日に開催された夕張での第51回日本SF大会(Varicon2012)を応援するために、大会参加者に限定配布された「Varicon2012プログラムブック」へ600字程度の「北海道大全」(北海道に関したSF作品のレビュー)を寄稿しました。
 それぞれの原稿が扱った題材は、Varicon2012の公式サイト(http://www.varicon2012.jp/index.html)で連載されたものと重複しますが、単なる縮約にはとどまりません。より広い読者へ向け、SFの意義を提示する開かれた文章を目指しました。このたび、その意義をご理解いただいた関係各位の許可を得て、「21世紀、SF評論」において、連載という形で再掲していきます。ご笑覧いただけましたら幸いです。(岡和田晃)

【ヴォーカロイド】
「初音ミク」
作者:クリプトン・フューチャー・メディア
初出:2007 年〜
最新版:随時更新中
担当:高槻真樹




 今年(編注:2012年)2月7日、「さっぽろ雪まつり」の会場で初音ミクの雪像が倒壊し、女性一人が負傷、しかし直後に再建されたというニュースは大きく報じられた。実はミクを販売しているクリプトン・フューチャー・メディア株式会社は札幌に本社を置き、ミクは北海道を代表する存在として期待を集めつつある。
 SFの世界では何度もバーチャルアイドルを主人公にした作品が描かれている。だが実際に市場に投入されたバーチャルアイドルは多くが忘れ去られており、フィクションが予想したような巨大資本による上からの押し付けでは定着しないことがわかってきた。
 初音ミクの存在が興味深いのは、ほぼ草の根に近い形でネットから立ち上がってきたことにあるだろう。製作元のクリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、ソフトウェアとしての「初音ミク」にほとんど設定を付け加えなかった。だがそのことが多くのユーザーの想像力を刺激し、クリプトンの想像を上回る形で次々とユニークな設定が付け加えられていった。
 「道産子ミクさん」というのもそうした派生設定のひとつで、クリプトンが北海道に本社を持つことから連想して、北海道を称揚するキャンペーンガールとしてミクが使われた。ソーラン節を歌わせたり、なぜか釧路湖陵高校の校歌を歌わせたり。常にその活用方法は予想の斜め上である。そしてまだ、世界は拡がり続けている。いま、この瞬間も。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。