2014年02月16日

三岸好太郎――知覚の開拓者――(関竜司)

《プログラムブック版「北海道SF大全」再掲にあたって》
 日本SF評論賞受賞者有志は、去る2012年7月7日〜8日に開催された夕張での第51回日本SF大会(Varicon2012)を応援するために、大会参加者に限定配布された「Varicon2012プログラムブック」へ600字程度の「北海道大全」(北海道に関したSF作品のレビュー)を寄稿しました。
 それぞれの原稿が扱った題材は、Varicon2012の公式サイト(http://www.varicon2012.jp/index.html)で連載されたものと重複しますが、単なる縮約にはとどまりません。より広い読者へ向け、SFの意義を提示する開かれた文章を目指しました。このたび、その意義をご理解いただいた関係各位の許可を得て、「21世紀、SF評論」において、連載という形で再掲していきます。ご笑覧いただけましたら幸いです。(岡和田晃)

※プログラムブック版「北海道SF大全」再掲は、本稿でもって完結いたしました。

三岸好太郎――知覚の開拓者――
北海道立三岸好太郎美術館にて鑑賞可能;
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-mikmu/
担当:関竜司
 三岸好太郎(1903 − 1934)は、北海道を代表する洋画家である。三岸は「人間の感受性は常に極めて順応的」であり、「新しい社会環境から新しい美的価値は生れる」(「転換」)とし、常に新しい様式にチャレンジし続けた画家だった。三岸が手掛けた作風は、アンリ・ルソー風のプリミティブなものから、岸田劉生風の写実、ルオー風の道化師のシリーズ、さらにはシュールレアリズムやドイツのバウハウスから影響を受けたものまで多岐に渡る。この新しい美的価値をつねに開拓しようとした精神の背後には、北海道の開拓者精神が宿っている。特に札幌農学校には、開拓時代の初期からクラーク博士の弟子たちがマサチューセッツから呼ばれ、近代的な農学・植物学に根差した品種改良や洋式農具によるアメリカ流の大農法が伝えられた。こうした農学校の開拓者精神あるいは科学に対する信頼が、道民に与えた影響の大きさは、すでによく知られている。三岸が外国の絵画の方法論(様式)を、貪欲に吸収し表現していったのも、開拓者精神・科学に対する信頼を背景にしたものだろう。三岸はSFという言葉が知られる以前から、SF精神を体現していたのである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。