2013年02月28日

『上弦の月を喰べる獅子』(横道仁志)


《スーベニアブック版「東京SF大全」再掲にあたって》
 日本SF評論賞受賞者有志は、去る2010年8月7日〜8日に開催された東京での第49回日本SF大会(tokon10)を応援するために、大会参加者に限定配布された「TOKON10スーベニアブック」へ「東京大全」(東京に関したSF作品のレビュー)を寄稿しました。
 それぞれの原稿が扱った題材は、TOKON10実行委員会公式ブログ(http://blog.tokon10.net/)および「SFマガジン」2010年9月号で連載されたものと重複するものもありますが、ブログや雑誌記事との差別化が意識されている原稿になっています。このたび、その意義をご理解いただいた関係各位の許可を得て、「21世紀、SF評論」において、連載という形で再掲していきます。ご笑覧いただけましたら幸いです。(岡和田晃)

夢枕獏
『上弦の月を喰べる獅子』
(「SFマガジン」1986年2月号〜 6月号、1987年11月号〜 1988年7月号、1988年12月号〜      
6月号 のちに早川書房より単行本化 [1989年]、以後ハヤカワ文庫、第10回日本SF大賞受賞作)
評者:横道仁志
上弦の月を喰べる獅子 上
 東京に住む写真家・三島草平は、新宿にある高層建築「二ニコー荒ビル」で不思議な螺旋階段を見つける。暗い緑色の螺旋階段で、ところどころに鮮やかな赤い斑模様がついている。この螺旋の色は、彼の脳裏に潜む記憶を呼び覚ます。かつて取材のために紛争地帯のジャングルへと赴いたとき、彼は偶然、目の前で抵抗できないまま殺された兄妹をシャッターに納めたのだった。ジャングルの緑と鮮血の深紅の映像が、この階段に重なってよみがえる。
 しかもその事件は、草平自身に文字通りの意味で深い傷痕を残した。交戦に巻き込まれた彼は、脳を損傷して、目の前の光景に「螺旋」を見るようになったのだ。そして三島草平は「螺旋蒐集家」となった。彼は、極小の遺伝子から極大の銀河まで、宇宙を満たす森羅万象に「螺旋」を発見すべく焦がれずにはいられない。だから、彼が見つけた螺旋階段は、言わば彼自身の存在を映す鏡だ。彼は、この階段を上ることで、彼自身がひとつの螺旋となる。螺旋階段の先は、天井を突き抜けて遥かな上方の闇へと続いている。こうして螺旋蒐集家は、螺旋をたどって、螺旋と化して、天へと入り込む。そこから異世界の物語が始まる。
 しかし、この『上弦の月』の主人公は、もうひとりいる。宮沢賢治だ。彼は「二荒山(ふたらくやま)」に上って、切り立った地層の中に見つけた、螺旋形を描く巨大なオウム貝の化石に魅せられる。そして、このオウム貝の中に入り込むというかたちで、彼もまたひとつの螺旋となって異世界へと旅立つ。
 爾後の物語は、このふたりの人物が合一して生まれた「アシュヴィン」の視点から語られる。アシュヴィンは、ふたりを結びつける「縁」であり、ふたりに共通の「業」を抱えている。それは、あるいは愛する人を失うという取り返しのつかない出来事であり、あるいは自分の妹を愛するという許されない禁忌だ。つまりは、不可能性としての愛。三島草平も宮沢賢治も、けっして満たされえない愛に飢え渇いている人間、すなわち「修羅」として描かれる。ゆえに、アシュヴィンの物語は、この「修羅」を克服するための救いの物語というかたちをとる。
 「修羅」という言葉は、宮沢賢治の詩で、彼自身の業をあらわす表現として用いられている。もちろん、賢治がその言葉に託していた思いは、彼自身にしかわからない。いや、賢治自身にも本当のところはわからないのかもしれない。言葉を口にするときには、言おうとして言えなかった残余が、つまり言い切れなかった思いに対する渇望が同時に生まれる。三島草平が、恋人を亡くして以来、もう二度と知ることの出来ない彼女の「真意」に取り憑かれて「修羅」となってしまうように。しかし、恋人が生きていようといまいと、草平には彼女の真意を知ることなど出来ないのと同じで、言葉に破壊されない純粋な思いというのは、ひとつの幻想に過ぎない。言葉とはいつでも、自分の思いを裏切る言葉、自分が発したのではない言葉として生まれ出る。しかしそれは、言い換えると、言葉は人の思いに依らずに、自ずから生まれ、自ずから伝達されていくということだ。たとえば、宮沢賢治の詩にあらわれた「修羅」という言葉が、その「真の意味」は謎に隠れたままに、一種の摂理にしたがって『上弦の月』という小説に受け継がれ、新しい実を結んだように。この意味で、「修羅」はまた「みのり」に転じる可能性を秘めている。
 「二ニコー荒ビル」は、「新宿でも三指に入る超高層ビル」だと作中で説明されている。どうして「三指」と、少しためらいがちな言葉が使われているのだろう。それは、「二ニコー荒ビル」が象徴するものが「東京」という都市の風景そのものだからだ。もちろん、「二荒」という字形はふたりの修羅を連想させる。「超高層ビル」であることは天への通路を予期させる。だが、「三指に入る」という言葉は、このビルが、壊されてはまた生まれ変わっていくこの都市の際限ない変化の一端であることをうかがわせる。しかしその変化の中には、変わらないものもある。直線のようにただ前へと伸びていくのでもなく、円のようにただ閉じているのでもない。それが螺旋の描く道であり、螺旋の持つ意味だ。このようなダイナミズムをすぐれて体現しているという意味で、東京もまた、螺旋の摂理の中にある。自から生成して自己を伝達するひとつのみのりなのだ。
posted by 21世紀、SF評論 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京SF大全(スーベニアブック版再掲) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。