2013年03月11日

『魔の国アンヌピウカ』(岡和田晃)

《プログラムブック版「北海道SF大全」再掲にあたって》
 日本SF評論賞受賞者有志は、去る2012年7月7日〜8日に開催された夕張での第51回日本SF大会(Varicon2012)を応援するために、大会参加者に限定配布された「Varicon2012プログラムブック」へ600字程度の「北海道大全」(北海道に関したSF作品のレビュー)を寄稿しました。
 それぞれの原稿が扱った題材は、Varicon2012の公式サイト(http://www.varicon2012.jp/index.html)で連載されたものと重複しますが、単なる縮約にはとどまりません。より広い読者へ向け、SFの意義を提示する開かれた文章を目指しました。このたび、その意義をご理解いただいた関係各位の許可を得て、「21世紀、SF評論」において、連載という形で再掲していきます。ご笑覧いただけましたら幸いです。(岡和田晃)


『魔の国アンヌピウカ』
作者:久間十義
初出:新潮社 1996
最新版:(初出に同じ)
担当:岡和田晃
魔の国アンヌピウカ [単行本] / 久間 十義 (著); 新潮社 (刊)
 本作『魔の国アンヌピウカ』においては、UFOとユーカラという相容れないようにも見える二つの要素が、見事に「習合」させられている。浮かび上がるのは、アイヌ問題と観光産業が複雑に絡まり合った、北海道の近代化に伴う二重の歪みだ。本作ではアイヌの聖地「アンヌピウカ」とUFOの目撃騒動がストーリーを牽引していく。この「アンヌピウカ」のモデルは、平取町のハヨピラ自然公園である。アイヌに文化を伝えたオキクルミというカムイ(神)がシンタと呼ばれる飛行物体に乗って飛来したとの伝承が残るこの地には、1960年代の後半から、とあるUFO研究団体(作中の「エーテル奉仕協会」のモデル)の施設が存在していた。当時の平取で暮らしたアイヌ初の近代小説の書き手である鳩沢佐美夫は、同胞が観光産業従事者として怪しげなUFO研究団体の片棒を担いだことを批判した。鳩沢が告発した「観光アイヌ」の問題は、本作においては、バブル期の第三セクター主導における大規模なリゾート開発という形で――つまり高度資本主義下の状況にて――再帰的にシミュレートされていく。柴野拓美はSFの定義として「テクノロジーの自走性」を挙げたが、本書では、SFを可能にした近代の原理、すなわち人間の不定形な欲望そのものの自走が北海道の政治的現実を軸に描かれる。SFの脱政治化が浸透し、深刻な問題となっている今だからこそ、読み直されるべき傑作だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。