2012年10月09日

『魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』ラストの画像について(宮野由梨香)

 『魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』を、娘2人(小5・中1)と一緒に見に行ってきた。映画館に他の「第2次性徴期」の少女の姿はあまりなかった。というか、そもそも女性が少なかった。非常に残念である。この作品は女性、特に第2次性徴の少女に見てもらいたいと思うからだ。見る機会さえあれば少女たちを夢中にさせる内容であると思われるし、娘たちやその同級生たちの反応は充分にそれを窺わせるものがある。
 青年期を「疾風怒涛【ルビ:シュトゥルム・ウント・ドラング】の時代」と呼ぶことがある。精神的にも身体的にも不安定な時期を通り抜けて、人は子供から大人へと質的な変換を遂げる。
 身体の変化は、女性の方が男性よりも早い。
 胸がふくらみ、生理が訪れるようになった少女は「生き物は死ぬ」という事実と必然的に向き合わされる。自分もいつかは死ぬからこそ、自分の身体は子孫を残そうと変化を始めたのだ。それが第二次性徴だ。
 成長とは、死に近づくことである。
 生殖とは、個体の死を前提とする行為である。
 それらはすべて世界を成り立たせる条理とつながっている。自分の生命も今までの人生の過去も未来もすべてがその中にある。だれもそこからは逃れる術はない。
 みんな死ぬ。家族も友達も私自身も死ぬ。子供を産んだって、その子もいつか死ぬ。では、生きるとは、何なのだろう?

         〇

 物語の舞台は「世界の最先端建築の粋を集めたハイテク未来都市、見滝原市」(註1)である。
 ハイテク未来都市は「死」を隠蔽している。
 そこに生まれ育つ少女は、食べものが実はすべて死骸であること、あるいは生餌であることを認識する機会を奪われている。食べものは商品として店に並ぶものだ。肉を食べても、殺された動物のことをいちいち考えたりはしない。
 少女たちが通う学校には、死角がない。廊下を歩く人の姿も、教室の内部も、明確に見通せるガラス張りの設計になっている。どこにも身を隠す場所がない。
 死角がないから、いじめや盗難も起こりにくい。というか、起こる余地がないように考えられた校舎なのだ。
 机に引き出しはない。テキストは画面に映し出されるし、ノートもキーボードを叩けばいいから、鉛筆も消しゴムも要らない。教室に黒板はない(註2)。一見ホワイトボートに見えるが、実は、スクロールもでき、ペン入力も可能な電子画面なのである。チョークの粉が降りかかることもなく、手を汚すこともない。 
 理想的な設備の整った学校……それが見滝原中学だ。
 ここでは電気もクリーンな風力発電で得られるらしい。通学路には人工の小川が流れ、緑も多く、快適で便利で安全だ。
 そして、このような場所にこそ「魔女」は発生する。生きるということに伴う不快で不便で危険な部分が、発散の機会と場所を与えられていないからである。そして、こういったものは、抑圧されるほどに熟成されて噴き出てくるものなのだ。
魔女の口づけを受けて、集団自殺を図ろうとする男は、次のようにつぶやいていた。

「そうだよ、俺はダメなんだ。こんな小さな工場ひとつ、満足に切り盛りできなかった。今みたいな時代にさぁ、俺の居場所なんて、あるわけねえんだよな……」

 自らの能力に絶望し、生きる経済的基盤も失い、自殺を図る男……こういった人物を発生させるのも「見滝原」だ。
 このディストピアにあって人々が求めるのは「見たき胎【ルビ:はら】」である。
 ホモ・サピエンスの受精卵は胎の中で十月十日を過ごしてから、外へ産み出される。その胎をインキュベーター(孵卵器)と同じものだと考えるのが、ハイテク未来都市である。インキュベーターにとって卵はどれも同じ「消耗品」にすぎない。卵の親も代替可能な「家畜(註3)」である。ひとつひとつの卵の運命などどうでもいいし、家畜は有用でなければ存在価値がない。
 ハイテク未来社会の中で、インキュベーター的なものの見方に我々は意識することなく染まっていく。そして、自分自身をも同じような目で値踏みする。結果、生きられなくなり、自殺する人もいる。
 「見たき胎」……それは、インキュベーターではない胎のことである。中に宿った生命を唯一無二の存在として慈しみ育てる胎といってよい。だが、それは未来において実現させたい希望としてしか、まだこの地には存在しない
 そもそもタイトルの『魔法少女まどか☆マギカ』……意味だけを考えるのなら『魔法少女まどか』で十分である。では、なぜ「マギカ」がついているのか? 
 それは、マの頭韻を踏むことによって、ママ=母なるもののイメージを付加することを、作品テーマが要求したからである。
 『新世紀エヴァンゲリオン』が「母であることの受難と、それによる、子の受難」を扱ったもの(註4)とするならば、『魔法少女まどか☆マギカ』は、「母となるべき身体をかかえた少女の受難」を扱っている。そして、少女の受難は、すべての生きとし生けるものの受難へとつながるのだ。

           〇

 『魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』のラストには、TV版にはない映像が付け加えられていた。まどかを胎児として孕む女性のシルエットである。しかし、そのシルエットはキュウべえを連想させるようなものなのだ。
 練られ練られた象徴的な画像のラストにつけ加えられた奇妙に薄っぺらなその画像は、見滝原の俯瞰に加えられた海の情景とセットになって、見る者に新たなメッセージを伝えようとしているようである。(宮野由梨香)


(註1)虚淵玄は「「魔法少女まどか☆マギカ」の世界に入り込んだら、何をしてみたいですか?」という質問に「世界の最先端建築の粋を集めたハイテク未来都市、見滝原市を隅々まで観光してみたいです。」と答えている。(「魔法少女まどか☆マギカ展 記念ブックレット」五ページ)
(註2)脚本には「黒板」とあるが、暁美ほむらが名前を書くボードは白い。その後の授業での使われ方から、これが電子画面であることがわかる。
(註3)「女性=家畜」のアナロジーは、「女は人間扱いしちゃ駄目っすね。犬か何かだと思って躾けないとね」という男の発言が作中にあった。
(註4)高田明典「アニメーション構造分析方法論序説―『新世紀エヴァンゲリオン』の構造分析を例題として」(青弓社〈ポップ・カルチャー・クリティーク〉0・『「エヴァ」の遺せしもの』所収)等の指摘による。
posted by 21世紀、SF評論 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | SF評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

藤元登四郎『シュルレアリスト精神分析――ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』 礒部剛喜

「たまにこういう凄いのにぶつかるもんだから、SFだけは読んどかなきゃいけないのよな」と、かつて言ったのは筒井康隆。まさに至言である。それは小説だけではく、評論にも当てはまる。
 本書『シュルレアリスト精神分析――ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』は、荒巻義雄というSF作家の内面に踏み込んだ評論である。ボッシュ、ダリ、マグリット、そしてエッシャーという近代芸術の巨匠たちの絵画を言語化するという視点から、『神聖代』『柔らかい時計』『トロピカル』『カストロバルバ』という小説を読解する意欲的な試みだ。
シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論 (-) [...
シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論 (-) [単行本] / 藤元 登四郎 (著); 中央公論事業出版 (刊)
 近代絵画というものは、ピカソを引き合いにだすまでもなく、一つの哲学を一枚の絵の中に表現するわけだから、作品に埋め込まれた情報量というものは実に大きい。絵画の言語化という作業は、その逆をやる――つまり一枚の絵画に秘められた哲学を小説に演算するわけだから、それ自体もどえらい挑戦でもある。 
 パラノアック・クリティック――サルバドール・ダリがその作品に導入した絵画的技法で、シュルレアリスムの精神病理学的な研究として、パラノイア性の精神病を患う人間の内面的妄想を方法論として取り入れるというものだが、本書は絵画に投影されたパラノアック・クリティックという技法が、荒巻の諸作品にいかに還元されているのかを、精神分析の視点から精密に検証している。
 と、ここまで書けばフロイトに起源を置く精神医学者ジャック・ラカンが創始した精神分析批評のようだが、そうではない。
 著者藤元登四郎は「精神分析は、解釈に向いているものだけを解釈できるに過ぎない。むしろ、芸術は精神分析に抵抗するのである。芸術は、芸術がなければ存在しない神秘を呼び出すのである。」というマグリットの言葉を引用し、芸術的神秘が精神分析批評を拒絶することを指摘しているからだ。
 この神秘性の解明に、藤元は明晰夢という神経心理学的理論に基づく現象を導入して見せる。スタンフォード大学の精神生理学者スティーヴン・ラバージによって発見された明晰夢とは、睡眠や夢見を維持しているとき、完全に意識下でいられる現象を指す。明晰夢はレム睡眠と覚醒の境界領域に位置する状態で、「私たちの最も深いアイデンティティ、すなわち真実の自分は誰であるかを発見する手助けとなる」というもの。
 明晰夢という状態はフィリップ・ディックの小説の冒頭部に多く描かれる不快な目覚め――忘我の境界からの帰還を想起させる。
 藤元はこの明晰夢という現象を通じて、荒巻の諸作品の解剖を試みる。
 「ダリの提唱した偉大な思想、パラノアック・クリティックを使用して、荒巻義雄は、ボッシュ、ダリ、マグリット、そしてエッシャーの作品を前にして現れた明晰夢(彼岸)の世界と接触し、幻想SFを想像したのである。これが可能になったのは、荒巻が美を理解するSF作家であったところから、時空を越えた奔放なSF的表現を駆使して、ボッシュ、ダリ、マグリット、そしてエッシャーの謎を解くことができたのであった」という結論にわれわれを導く展開は実に興味深い。
 小説から絵画に埋没された哲学を導き出すことで、美術史の専門家である荒巻義雄を描き出すわけである。
 そして絵画の言語化というテーマは、荒巻の場合、『神聖代』を始めとする<新しい波(ニューウェーヴ)>の系統に位置される作品だけでなく、神と人類との壮絶な宇宙戦争を描いた『神鳴る永遠の回帰』にも顕著に現れている。地球防衛軍統合作戦本部に出頭し、人類の守護者たる巨大コンピュータの化身であるアンドロイド、サンタ・マリアと邂逅した主人公マクドナルドは、マリアと地球防衛軍首脳陣がレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』と同じ構図で謁見していることに気づくのだ。
 人類を護ろうとするマリアは、人間性とは本来対峙すべき機械であるにもかかわらず慈愛に溢れ、まさに<女性原理>を象徴しているのだ。対しての創造主であるにもかかわらず、人類が一つの種として成長したことを認めず武力侵攻を図る神々は、まさに<男性原理>を体現していた。
 未完ではあるが、『神鳴る永遠の回帰』『火星戦線異常無し』『真白き神々の降臨』の<ビック・ウォーズ>三部作が、ジョーゼフ・キャンベルが神話学書『神の仮面』で論じた<女性原理>と<男性原理>の闘いとして描かれていることは、絵画の言語化というテーマと無関係ではないであろう。

 だが本書の試みで重要なのは、絵画の言語化というテーマだけに留まってはいないことだ。SFそれ自体にしかできないだろう普遍的なテーマへの挑戦でもある。
 「――物質界との対立において、人類は、すばらしくもなければ絶望的でもないこと、知性はこの大宇宙において、なにものでもないこと――つまり、この大宇宙とは別の系に属するものであること、それはこの物質界において、いかなる序列も、しめるべき席をあたえておらず、それは生命によって生みだされそれによってささえられながら、生命とは別のものであること、生物としての人類は、大物質宇宙の秩序の中にあって、永遠の執行猶予と、一瞬後に出現する虚無の間に常に宙吊りにされているということ――」
 小松左京の『復活の日』で、ヘルシンキ大学のユージン・スミルノフ教授が文明史のラジオ講座を通じて、人類文明の崩壊に向かって叫ぶ有名な一節である。
 人間存在における精神性と物質性の対峙と葛藤は小松の小説に一貫して見られるテーマだが、それを文学理論の視点から見直したとき何が生まれてくるだろうか?
 「…今までの文学理論というのは歴史、宗教、哲学、美学、言語学、民俗学、政治学、心理学といった、あらゆる分野から借りてきた借りものの理論が多かったわけだけど、虚構の、虚構による、虚構のための理論というのがあり得るかあり得ないか」とは、筒井康隆の『文学部唯野教授』の最後で現代の文学理論を総括する唯野教授の言葉だが、文学それ自体のための理論というものはまだ存在していないことを言っているわけだ。
 同時に重要なことは、文学理論に援用されてきたのは(言語学を除けば)人文科学、社会科学の領域に限定されてきたわけで、自然科学の範疇から担ぎ出された文学理論というものはない。小説というものを物理学や化学、生物学を根拠として論じてきたケースは極めて少数だった。
 それは人間の精神性が物理現象としては説明しきれないものという、歴史的に繰り返されてきた論争に決着が着いていないからだとも言える。
 本書は、われわれ人類にとって普遍的なこのテーマ――人間存在における精神性と物質性の対峙と葛藤――を解く一つの突破口を示唆するSF評論でと言えるのではないか。
 人間の精神性を解析するべき科学はもちろん心理学だが、心理学それ自体はこの問題を解決することは不可能である。人間の物質性に踏み込むことは心理学の領域ではないからだ。かりに(昨今は擬似科学と見なされがちだが)超心理学が実験的にその有効性を実証できるならば、心理学が人間の物質性の領域に切り込むことは可能かもしれないが、現在までのところ、理論的にも超心理学の実証性は確立されたとは言えない。
 では人間の精神性と物質性を対等に扱える分野の科学は何かと言えば、それは精神医学しかない。精神疾患の治療には、人間の精神性と物質性の双方にまたがる知識が必要とされるからだ。そして精神医学は、心理学が禁じられている領域に立ち入ることが可能だった。すなわち外科手術や投薬による精神疾患の治療である。
 精神医学とは人体物理学を前提として誕生したものだった。人体というシステムへの物理学的な理解がなくては、薬理学的治療は不可能である。近代心理学を創設したフロイトもユングも心理学者を名乗ったが、本来かれらは医学者であった。心理学はあくまでも精神を病んでいる患者を治療するための診療の手段として追求されたものであり、かれらは人体物理学を常に念頭に置いて患者を観察していたはずである。
 ただ現代の医学は、フロイトの時代のものから大きく変貌している。精神性疾患の主要な対処は投薬治療だが、二十世紀に発達した抗精神病薬は人体の生化学的な研究の成果なくしてはありえなかった。医学的治療は常に最先端の技術が要求されるために、現代科学の進捗が医学に対して直接的間接的に与える影響は少なくない。
 従って医学の進歩とともに、フロイト時代の医学に基づく精神分析批評もまた変容せざるを得ないはずで、フロイトへの回帰(見方によっては帰依)を主張したラカンは、精神分析批評を構想するに際して薬理学、人体物理学とは一線を画さざるを得なかったように思われるのは、まさにこのためではなかっただろうか?
 本書で言及された明晰夢の発見も医学的な研究の一環と考えるべきであり、明晰夢から絵画の言語化というテーマに切り込んだ本書は、これまでの精神分析批評という枠組みを超えた精神医学批評という領域を論じていると見なすほうがより自然である。
 本書は自然科学的な文芸理論への道標であり、新しい文学理論が誕生しつつあることを示唆しているのではないだろうか? 精神医学批評は、経験と知識を積んだ医学者にだけに可能な文学理論であり、小説から作者の内面を物理的に演算できる可能性を持っているからである。事実、藤元が日本SF評論賞選考委員特別賞を受けた『「高い城の男」―ウクロニーと易教』はディックの作品を精神病理学的に読解しているわけで、なんでこんなにもディックの心の中が解かるのだろうかと驚愕させられる。精神医学者で古典文学の解剖を論じた人はいるが、SFでは藤元が最初であろう。
 また精神医学批評は、SFとは何か?――という疑問を解く手がかりに通じていると言えるのかもしれない。ずいぶんと大げさな言い方だと思われるかもしれないが、SFとは何かという問いかけに対する解答は、その文学理論を解明することでもあろうからだ。
 本書は、精神医学者の視点から試みられた実験的なSF評論と言えるが、SFを愛する全ての人に読んでもらいたい一冊である。(礒部剛喜)
posted by 21世紀、SF評論 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SF評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

アニー・ジェイコブセン『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』(太田出版) 磯部剛喜

 6月10日付の朝日新聞に、アニー・ジェイコブセンの『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』(太田出版)書評が載った。珍しくUFO関連書の書評だったので、さっそく買って読んでみた。原書はアメリカでベストセラーになったそうだが、はずかしながら、未読だった。読んでみたら、かなり驚かされたので、「21世紀、SF評論」の読者のみなさんには、この本の感想をお伝えしておきたい。

エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ) [単行本] /...
エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ) [単行本] / アニー・ジェイコブセン (著); 田口俊樹 (翻訳); 太田出版 (刊)
 誤解のないように最初に言っておきたいが、評者の渡辺靖先生は、アメリカ政治史の著書も多い方で、ぼくはけっこう尊敬している。書評のタイトルも「隠し事はどこまで許されるのか」と付けられていることからも解るように、情報公開という視点から同書を論じているわけで、その点は高く評価されてよいと信じている(念のため)。
 では何に驚かされたのかの言えば、『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』自体がトンデモ本だったからである。
 同書は、先進航空機開発計画を始発点として、アメリカの極秘軍事施設エリア51の歴史と実像を調査報道の手法で丹念に追ったものだ。
 第二次世界大戦中にイギリス情報部MI14の委託を受けてロッキード社が始めた先進航空機開発計画は、戦後も継続されて1979年に最初のステルス攻撃機を完成させるわけだが、機密保持のために実験航空機の飛行区域として選定されたのがネヴァダ核実験塲に隣接したグルームレイク一帯だった。
 ニック・ノルディとジェニファー・コネリーが共演した映画『狼たちの街』(1996)をご覧になっただろうか? ノルディ演じるのはロサンゼルス警察本部特捜班の刑事マックス・フーバーで、変死した娼婦で愛人でもあるアリソンの残した8ミリフィルムの映像を追ったフーバーが、彼女の死が軍部の核政策の機密に関係していた真相を突き止めるという物語で、SF映像以外でエリア−51が間接的に描かれる唯一の映画作品であろう。
 立入禁止とされた軍施設に潜入したフーバーたち特捜班が、巨大な核クレーターを発見するシーンは極めて印象的だ。
 エリア−51はこのネヴァダ核実験場と境界線を共有した一体的な軍事施設だったことから、核施設と先進航空機開発計画が一体的な機密性を有するようになった。
 UFO現象がその初期から航空偵察と密接な関係にあったという指摘は、UFO現象学の文献以外でもアレックス・アベラ『ランド――世界を支配した研究所』(牧野洋訳 文藝春秋 2008)で触れられているが、1980年台後半からエリア−51とUFO問題との関連性が注目されるようになったのは決して偶発的なものではない。
 著名なジャーナリストのダニエル・ラングが、その著書『鉛の服を着た男(並河亮訳 時事通信社 1956)』、ナチスの残党を冷戦に利用する極秘計画〈ペーパークリップ作戦〉、先進航空機開発計画、そして核政策という、本書『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』で繰り返されるキーワードの関係を詳細に論じていたからだ。
 本書とラングの『鉛の服を着た男』を読みくらべてみると両者の類似性に驚かされる。
 そして本書の主題はあくまでもロズウェルUFO墜落事件である。
 ではジェイコブソンの言うロズウェル事件の真相とは何か?
 それは1947年7月、ロズウェル陸軍航空基地の防空レーダーが2機の未確認飛行物体を補足し、ただちに要撃機が発進した。物体は極めて高速であるとともに、高空でホバーリング運動を見せたのだった。その1機がロズウェル近郊に墜落し、その正体が判明した。それは、アメリカ軍部が繰り返した核実験に脅威を感じたソヴィエトの独裁者スターリンは、アメリカ軍部に対して核兵器をソヴィエトに先制使用するものなら必ず報復攻撃できることを示唆するために、第二次世界大戦中にドイツで開発されていた二機のホンテン全翼機を完成させ、ニューメキシコのロズウェルに強行偵察を目的に送り込んだのが、ロズウェル事件の真相だというのである。ジェイコブソンは、ロズウェルに墜落したのはロシア製の全翼機で、搭乗していたのは、ナチスの強制収容所で人体改造された哀れな犠牲者だった、とも書いている。
 これは、7年前に話題になったニコラス・レッドファーンの『砂漠のボディ・スナッチー』(邦訳『砂漠の死体泥棒』並木伸一郎訳 マガジンハウス)と同じものだ。ただ、レッドファーンは、墜落した全翼機はロシア製ではなくアメリカ製で、搭乗員も日本人だったと書いているが、ジェイコブソンとレッドファーンはほぼ同じものだと言ってよい。
 レッドファーンの調査は、ロズウェルに墜落した物体が、アメリカの核推進機関研究と接点があったと書いているが、それが全くの絵空事だったとは言えない。ラングの『鉛の服を着た男』では、アメリカ空軍のUFO政策が核推進機関研究と関連があることがすでに指摘されており、レッドファーンは核推進機関研究の責任者の一人が、アメリカ空軍情報部のマイルズ・ゴール中佐であることまで突き止めていたからだ。
 ゴール中佐は、UFO現象調査部隊<プロジェクト・ブルーブック>司令官である。彼はブルーブック司令官と核推進機関研究計画指揮官を兼務していたのである。
 レッドファーンの著書は、充分に読む価値のあるものだったが、ジェイコブソンの場合はかなり怪しい。ロシア製の全翼機は、どうやってロズウェルまで飛んできたのだろうか? 東ドイツから大西洋を超えてはるばる飛んできたのか? ジェイコブソンはその発進地については何も触れていないが、推進機関については示唆されている。
 なんと電磁波推進らしいのである。
 電磁波推進で飛行するナチス製のUFO。この言葉に聞き覚えのある方がいるとすれば、それはよほど落合信彦のファンであるに違いない。彼の『二十世紀最後の真実(集英社 1980)』で明らかにされたナチスのUFOは、電磁波推進というハイパーテクノロジイで飛行していたからである。
 ジェイコブセンの『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』と『二十世紀最後の真実』の両方で触れられるUFOの推進機関が電磁波推進であったこともまた偶然ではあるまい。もちろん『二十世紀最後の真実』が、カナダのネオナチ出版社サミズダート社から出た『UFOはナチスの秘密兵器か?』を主要な資料にしていることは周知の事実だが、電磁波推進などというテクノロジイを、戦時中のドイツがどうやって開発したかについては『二十世紀最後の真実』では何も触れられていないのだ。
 『UFOはナチスの秘密兵器か?』では、なんとナチスが発見した失われたアトランティス文明の遺産からそのテクノロジイが得られたと書いてある。かくてエリア51においては、アトランティス文明のテクノロジイから建造された全翼機が研究されていたことになるのである。   
 ジェイコブセンの『エリア51―世界で最も有名な秘密基地の真実』には、これまで触れられてこなかった冷戦時代の秘史が多く含まれていることは評価されていいかもしれないが、ことUFO問題に関してはトンデモ本以外のなにものでもないわけで、みなさんはこの本をどう読まれるだろうか? (磯部剛喜)
posted by 21世紀、SF評論 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SF評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。